予防が肝心!深刻な症状が現れる認知症はサプリで防ごう

女性

病気と日常の対策

栄養補助食品

タイミングが重要

一般的に勧められている健康法を取り入れる際は、ベストなタイミングを選ぶことが必要です。同じ対策を行なっても、タイミングによって得られる効果が違います。例えば糖尿病の予防に良いと言われている運動は、食後に行うのがベストです。食後に体を動かすことで、血糖値の上昇が緩やかになります。空腹時に運動を行うと、糖尿病の方の場合は低血糖状態に陥ることがあります。脱力感やふらつきなどが表れることがあり、食前の運動は時にマイナスです。健康のための対策は、実のところ取り入れ方次第で結果が変わります。サプリメントなどの健康食品の場合でも、服用方法が極めて重要です。安易に情報に飛びつくことなく、健康対策は上手に取り入れるようにします。

成分に合わせて調整

糖尿病に効くとされるサプリメントには、現在様々な原料が使用されています。植物成分だけでもかなりの数にのぼるのが、最近の傾向です。原料によって作用のメカニズムが異なることから、推奨される服用法にも違いが出てきます。例えば糖尿病予防の定番である、菊芋のサプリメントの場合は食事の前に飲むのがコツです。有効成分が働き始めるタイミングを見ながら、食事をすることで望む効果が得られます。血糖値を上げる要因である食事の悪影響を抑えるためには、このような工夫が有効です。サプリメントに配合されている成分の性質を見極めながら、適宜調整を行ないます。サプリメントがどのように体内で働くかが、服用法を決めるポイントです。